貸家建付地の場合は、どのように評価されるのでしょうか。

 

貸家建付地は、所有している土地に建てた家屋を他人に貸し付けている際の、その土地、すなわち、貸すことが目的である家屋の宅地のことです。この宅地の価額は、以下の計算式(1)で評価することとなります。

計算式(1)
貸家建付地の価額=自用地としての価額‐自用地としての価額X賃貸割合X貸地権割合X貸家権割合

ここでの「貸家権割合」「貸地権割合」は、その地域よって差がありますので、国税庁ホームページにある評価倍率表や路線価図で確認することができます。
「賃貸割合」は、貸家それぞれの独立部分がある時、独立部分の賃貸の状況からみて以下の計算式(2)で算出した割合のことです。

計算式(2)
賃貸割合=(A)の中で課税時期内に賃貸されているそれぞれの独立部分の床面積の合計/対象家屋のそれぞれの独立部分の床面積の合計(A)

ここでの「それぞれの独立部分」とは、建物を構成する部分である扉、階層、隔壁などで他の部分と遮断されている所で、独立した出入り口を持っているなど独立して賃貸とその他の用度に使うことが可能なものを指します。
それに、引き続けて賃貸されていたアパートなどのそれぞれの独立部分で、以下のようなケースから、アパートなどの独立部分の一部が課税時期に、臨時空室となっていたのに過ぎないという認定を受けるものに関しては、課税時期であっても賃貸中のものと扱っても構いません。
1.それぞれの独立部分が、課税時期の前に引き続けて賃貸されてきたものであること
2.賃借人が退去した後、速やかに新しい賃借人の募集があって、空室の期間内に、違う用途に使われていないこと
3.空室期間が、課税時期を前後して一時的な期間、例えば1ヶ月程度であること
4.課税時期の後の賃貸が一時的なものではないこと

貸家建付地の価額は、「土地・土地の上に在る権利の評価明細書」で評価できます。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.