私道の場合は、どのように評価されるのでしょうか。

 

私道には、通抜け道路ように、不特定多数の人が通行用として使用されていいる、公共用に使用されるものと、袋小路のように特定の人の通行用に使用するものがあります。
この中で公共用としてしようされるものは、そのしどうの価額は評価しないことになり、特定人の通行用に使用される私道は、その住宅が私道でないものとして倍率方式や路線価方式で評価した価額の3割相当額で評価します。
倍率地域にある私道の固定資産税評価額が私道であることを考えて決められた場合は、その宅地が私道ではないものとして固定資産税評価額を定め、対象金額に倍率をかけて評価した価額音3割相当の額数で評価することになります。

(1)専用利用の路地状敷地に関しては、私道に含まれず、隣接する宅地と一緒に一画地の評価がされます。
(2)路線価方式の場合の評価方法は、正面路線価を基にして以下の計算式で評価することになりますが、対象私道に定められた特定路線価で評価(特定路線価の3割)しても構いません。

間口狭小補正率X正面路線価X奥行き長大補正率X奥行価格補正率X地積X0.3=私道の価額

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.