気配相場などがある株式の場合は、どのように評価されるのでしょうか。

 

気配相場などがある株式は、日本証券業協会の店頭管理銘柄や登録銘柄、公開途上にある株式のことをいいます。
この株式の評価は、おおむね2つにその評価の方式が異なります。

1.店頭管理銘柄や登録銘柄は、日本証券業協会から公表する課税時期(贈与の場合は贈与で財産を得た日、相続の場合は被相続人の死亡日)の取引の価格によって評価することとなります。もし、その取引の価格に安値と高値があったら、その平均額によることになります。ただし、その取引の価格が以下の3つの中で一番低い価額を超過する場合は、その一番低い価額によって評価されます。
(1)課税時期に当たる月の毎日の取引の価格の平均額
(2)課税時期に当たる月の前月の毎日の取引の価格の平均額
(3)課税時期に当たる月の前々月の毎日の取引の価格の平均額
対象株式に権利落などがある場合や、課税時期に取引価額が無い場合は、一定修正をすることになります。
これが原則になりますが、個人間の対価をともなう取引や負担付贈与などで取得した店頭管理銘柄や登録銘柄は、日本証券業協会から公表される課税時期の取引に価格で評価することになります。

2.公開途上にある株式の場合は、その登録や上場の際に、株式の売り出しや公募が行われる時の公開価格で評価されることとなります。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.