建築している家屋は、どのように評価されるのでしょうか。

 

一般的に、家屋は倍率方式で評価されることになります。ここで倍率方式とは、固定資産税の評価額に、ある一定倍率をかけて評価額を計算することをいいます。家屋の場合、倍率は1.0倍となります。
しかし、建築をしている途中の家屋の場合は、このような固定資産税の評価額をつけることができません。そこで、建築中の家屋の価額は、対象家屋の費用原価の7割相当の金額で評価することとなります。これを計算式にすると以下の通りです。

建築中の家屋の評価額=費用現価額X0.7

ここでの「費用現価額」とは、課税時期までに、建物に投下された建築の費用額数を課税時期の価額に引き直した額数の合計のことです。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.