宅地はどのように評価されるのでしょうか。

 

宅地は、1画地の宅地ごとに評価されますが、具体的には以下の事例に合わせて判断をすることになります。
贈与や相続によって取得するようになった宅地の場合は、その取得した各宅地に判断されるのが原則ですが、対象宅地が親族間などで分割が行われ、その分割が不合理であることが明白である場合は、その分割が行われる前の画地が「1画地の宅地」とされます。

1.所有地である宅地を自分で使用している場合は、事業用・居住用を問わず、その全体の宅地を1画地の宅地にします。
2.所有地である宅地の一部に借地権が設定され、残りの部分を自分で使用している場合は、各部分を1画地とします。一部に借地権を設定するのではなく貸家の敷地にする場合も同じです。
3.所有地である宅地の一部に借地権が設定され、残りの部分を貸家の敷地用に使う場合は、各部分を1画地とします。
4.借地権が目的である宅地の評価の際に、貸付先が2つ以上である場合は、同一人に貸し付けられている各部分を1画地にします。
5.貸家建付地の評価の際に、数棟の貸家がある場合は、各棟の敷地ごとに1画地とするのが原則です。
6.2人以上から隣接している土地を借り、これを全部合わせた一体として使う場合は、その借主の借地権の評価の際に、その全体を1画地として評価することになります。貸主側の貸宅地の評価が、貸主それぞれの所有する部分ごとに分けて、その各部分を1画地として評価します。
7.共同ビルの敷地用として使われている宅地は、その全体が1画地として評価することになります。
Ex)宅地A、B、C、Dの4つの土地の所有者が全部異なる場合、その4つの土地の全域を1つの画地として評価された価額に、各土地の価額に比率をかけた金額で評価することとなります。この比率は、以下の計算式で計算しても構いません。

土地の価額比=各土地の財産評価基本通達で評価された価額/各土地の財産評価基本通達で評価された価額の合計

8.所有地の一部は自分で使い、残りの部分を使用貸借によって貸し付けをしている場合は、その全体を1つの画地として評価します。もし、自分の所有地に隣接している宅地の使用貸借によって借り受け、自分の所有地と合わせて一体の利用をする場合でも、その所有地だけを1つの画地として評価することになります。
使用貸借に関わる使用権価額は0として扱い、使用貸借によって貸付けている対象宅地の価額は、自用地価額で評価することになります。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.