土地と家屋は、どのように評価されるのでしょうか。

 

贈与税や相続税の計算の際には、贈与・相続などで取得した土地・家屋の評価が必要です。

1.土地:畑、田、山林、宅地等の各地目で評価することになります。評価の方法は、倍率方式と路線方式があります。
(1) 倍率方式
路線価が決まっていない地域を評価する方法です。倍率方式での土地価額は、その土地の固定資産税評価額(市町村役場や都税事務所、市区役所などで確認ができます)に一定の倍率をかけて算出します。
(2) 路線価方式
この方式は、路線価が決まっている地域を評価する方法です。路線価は、路線に接する標準の宅地の1㎡あたりの価額で、千円単位で表示することになっています。この方式での土地価額は、路線価を対象土地の形状などに対する奥行価格補正率などの各種補正率で補正を行った後、対象土地の面積をかけて算出します。
Ex)正面に価額300千円の路線に接している縦18m、横10mの土地の場合は、
正面路線価の300千円に、奥行価格補正率の1.00、そして面積の180㎡をかけた金額、54000千円が評価額となります。

評価倍率表や路線価図等の見方は、国税庁のホームページで確認できます。

2.家屋:固定資産税評価額に1.0倍にして評価することになりますので、固定資産税評価額と同じ価額になります。
3. その他
(1)賃貸されている家屋や土地に関しては、権利関係に対して評価額を調整することになります。
(2)相続で取得した宅地などが居住用・事業用で使用される場合は、限度面積までの部分について、対象土地の評価額の一定の割合を減額する相続税の特例の制度があります。
(3)個人間で対価を伴う取引・負担付贈与によって取得した家屋や土地の贈与税の場合は、通常の取引価額で評価することになります。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.