割引発行の公社債・利付公社債はどのように評価されるのでしょうか。

 

公社債とは、地方公共団体や国、事業会社などが一般の投資家から資金調達をするために発行を行う有価証券のことです。公社債は、各銘柄ごとに券面額の100円当たりの単位で評価します。

この中で割引発行の行使債は、券面価額を下回る価額で発行する債券のことです。発行価額と券面額との差額が、利子に当たる部分になります。
1. 上場されている割引公社債
市場価額を基にした評価額=最終価格X(券面額/100円)
*最終価額は、券面額の100円当りの額数です。もし、売買参考統計値が発表される銘柄として決まったものである場合は、平均値と最終価額とどちらか低い方の金額になります。

2. 売買参考統計値が発表される銘柄として決まった割引公社債
市場価額を基にした評価額=平均値X(券面額/100円)
*平均値は、券面額の100円当りの額数です。

3.その他の割引発行されている公社債
発行価額を基にした評価額={発行価額+(券面額‐発行価額)X(発効日から課税時期までの日数/発効日から償還期限までの日数)}X(券面額/100円)
*発行価額は、券面額の100円当りの額数です。

さらに、利付公社債とは券面に利札がついている債権のことで、利払いは1年中1って伊野期日に、その利札を切り取ることで行われます。

1. 上場された利付公社債
市場価額を基にした評価額=(最終の価額+源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数)X(券面額/100円)
*「最終の価額」、「源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数」は券面額の100円当りの額数で、もし、売買参考統計値が発表される銘柄として決まったものである場合は、平均値と最終価額とどちらか低い方の金額になります。

2. 売買参考統計値が発表される銘柄として決まった利付公社債
 市場価額を基にした評価額=(平均値+源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数)X(券面額/100円)
*「平均値」、「源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数」は、券面額の100円当りの額数です。

3.その他の利付公社債

発行価額を基にした評価額=(発行価額+源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数)X(券面額/100円)
*「発行価額」、「源泉所得の税相当額を控除した後の既経過利息額数」は、券面額の100円当りの額数です。

ちなみに、個人向けの国債の場合は、課税時期(贈与の場合は贈与で財産を得た日、相続の場合はその被相続人の死亡日)に中途換金した場合にその取扱機関から支給されることになった価額で評価します。

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.