メインイメージ

上場株式はどのように評価されるのでしょうか。

金融商品取引所に上場された株式である上場株式は、その金融商品取引所が発表する課税時期(贈与の場合は贈与で資産を得た日、相続の場合は被相続人の死亡日)の最終価格で評価されるようになります。

建築している家屋は、どのように評価されるのでしょうか。

一般的に、家屋は倍率方式で評価されることになります。ここで倍率方式とは、固定資産税の評価額に、ある一定倍率をかけて評価額を計算することをいいます。家屋の場合、倍率は1.0倍となります。

見出し大1

贈与税や相続税の計算の歳の外貨は、円貨に換算することが必要です。 この場合の円貨への換算の方法は、課税時期(贈与の場合は贈与で財産を得た日、相続は被相続人の死亡日)の現状での納税者の取引金融機関から公表されるTTB(顧客直物電信買相場)やこれらと同等の相場で行われることになります。(.......続きを読む)

借地権とは、借地借家法2一の定めによる、建物を取得することが目的である地上権や土地の貸借権のことです。このような借地権も、贈与税・相続税の課税の対象になり、以下の5つの種類の借地権があります。1.借地権(借地借家法第3条、旧借地法)2.一時使用目的の借地権(借地借家法第25条)3.定期借地権(借地借家法第22条)4.建物譲渡特約付借地権(借地借家法第24条)5.事業用定期借地権など(借地借家法第23条)(.......続きを読む)

Copyright© 2014 よくわかる財産評価 All Rights Reserved.